たまりば

  生活・暮らし 生活・暮らし  小平市 小平市

2013年11月21日

個人が被ばく管理をするということは

個人が線量計を持って被ばく管理をするということが議論されているようです。2013年11月9日 朝日新聞に掲載されています。
被ばくには、大きくは空気中にある放射性物質を吸い込むことによる被ばくと、食物に含まれている放射性物質を食べ物といしょに取り込むことにより被ばくする場合とがあります。
個人が被ばくを管理するということは、これらのことについて今日はどうだった、どのくらい取り込んだかを日々計算し記録し、1年間の線量が目標とする1ミリシーベルト以下であるかどうかを判断するということでしょうか。
このような計算はできるのでしょうか。
例えば、携帯のアプリに、どこにどれだけの時間いたかが自動記録され、さらにいた場所の線量を自動で集めてきて計算してくれることになるのでしょうか。
食物の線量の場合はどうでしょうか。すべての食材に線量が表示され計算できるようになるのでしょうか。
もっともっと具体的な議論が必要と思います。


  • 同じカテゴリー(放射線)の記事
     放射線測定を住民がきめ細かく行う (2015-02-19 12:49)
     講演会「小児科医が診た放射能と子どもたち」に参加した (2012-05-15 15:11)
     国の基準は十分に安全を見込んだ数値? (2012-04-22 10:53)
     放射線家計簿について考えました (2012-04-12 12:35)
     「放射線家計簿」がつくれないかな~と思っています (2012-03-02 11:59)
     「わが子からはじまる食べものと放射能のはなし」に参加した (2012-02-29 11:58)

    Posted by これから at 15:38│Comments(0)放射線
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    個人が被ばく管理をするということは
      コメント(0)