たまりば

  生活・暮らし 生活・暮らし  小平市 小平市

2012年04月22日

国の基準は十分に安全を見込んだ数値?

 4月21日付けの新聞によると、食品の放射能についてスーパーなどが独自基準をもうけて自主検査を実施していることについて、農水省が「国の基準(新基準)は十分に安全を見込んだ数値。異なる基準がばらばらにあると混乱する。」ということで独自基準をやめるようスーパーなどに通知したということです。
 人体に対する放射線の作用については2つあって、一つはある程度以上高い線量の被ばくをすると健康被害がおこるとされるもので、これにはしきい値がありますが、もう一つの低い線量の被ばく(低線量被ばく)では、健康被害があるかもしれないしないかもしれないということで、これにはしきい値がもうけられないということです。
 原発事故から1年以上たった今考えなければならないのは、低線量被ばくからどう守るかです。しきい値がもうけられないのですから、これ以下なら安全ということにはならないのです。少しでも低い値のものを選ぶしかないのです。
 もし、4月21日付けのようなことになると、少しでも低い値のものを選びたいとする行動がとれなくなるのではと考えます。
 




  • 同じカテゴリー(放射線)の記事
     放射線測定を住民がきめ細かく行う (2015-02-19 12:49)
     個人が被ばく管理をするということは (2013-11-21 15:38)
     講演会「小児科医が診た放射能と子どもたち」に参加した (2012-05-15 15:11)
     放射線家計簿について考えました (2012-04-12 12:35)
     「放射線家計簿」がつくれないかな~と思っています (2012-03-02 11:59)
     「わが子からはじまる食べものと放射能のはなし」に参加した (2012-02-29 11:58)

    Posted by これから at 10:53│Comments(0)放射線
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    国の基準は十分に安全を見込んだ数値?
      コメント(0)